こんな方法もありますよ!学校で購入した子供の写真の整理方法

デジタルカメラが主流ですが

今の時代はデジタルカメラが主流ですよね。デジタルカメラはフィルムの残り枚数などを気にせずシャッターを押せると言う魅力があります。写真のデータはメモリやパソコンの中に保管をしておけばいつでも写真を閲覧出来るなどの魅力もあります。学校で撮影して貰ったスナップ写真や集合写真と言うのは紙焼きされているもので、デジタルカメラに慣れている人にとって紙焼き写真の整理の仕方が解らないと言うケースもあるのではないでしょうか。

学校から購入した子供の写真の整理法

遠足や運動会の時には、専門のカメラマンが子供達のスナップ撮影を行い、現像を行って紙焼き写真にしてくれます。自分が写っている写真がある場合には、それを購入出来るのがスナップ写真の魅力と言えましょう。スナップ写真はサービスサイズやL判サイズと言った大きさになるので、1ページに上下2枚の写真を収められる簡易的なアルバムに入れて整理が出来ますが、集合写真などの場合はキャビネサイズや八つ切りサイズなど大き目のサイズなので、どうやって整理すれば良いのか迷う人も多いようです。

集合写真は別のアルバムにまとめちゃいましょう

以前の写真整理方法は、写真の角にコーナーと呼ばれているアイテムを取り付け、コーナーの接着剤を使ってアルバムの台紙に貼り付けると言う方法が主流でしたよね。時代が変わると、コーナーを使わなくても写真を収められる便利なアルバムが登場したわけですが、サイズが大きな集合写真などの場合、1ページに1枚と言うケースもあります。ページを増やせるアルバムを使う方法もありますが、集合写真などの場合はクリアファイルを活用するのもお勧めです。

学校写真は電話で簡単に予約することができるのでスムーズに手続きが可能です。子供たちの生き生きとした顔も撮影できるので価値があります。