子供の集合写真が溜まってしまう!お薦めのまとめ方3つ

クリアファイルと紙を使って手作りする

幼稚園や学校で販売される、子供の集合写真はどうしていますか?スマホの写真はスマホ内のアルバムで整理していると、後回しになりがちですね。袋のままで保存しているのは勿体ないので、後で見て楽しめるように整理してみましょう。集合写真アルバムを手作りするなら、A4の大きさの紙に集合写真を貼り、年度や行事の日付、クラス写真なら年組などのメモを書き込みます。年数が経つと、いつの何の写真か忘れてしまいがちなので、なるべく詳細に書くのがお薦めです。あれば行事のお知らせプリントも用意して、市販のクリアファイルに入れていけば集合写真のアルバムの完成です。おしゃれな台紙を使う、フォトコーナーを使う等、アイデア次第で色々楽しめますよ。

集合写真専用アルバムを使う

「集合写真だけをまとめて整理したい」という声に応え、お店や通販ショップでは集合写真を収納する専用アルバムが販売されています。写真を直接貼るタイプで台紙が10枚~20枚前後の物や、シートに差し込むタイプで最大80枚収納できるアルバムがあります。大きさはどれも集合写真がはみ出さず、手に取って気軽に見られるサイズです。中にはしっかりアルバムケースが付属している物もあるので、大切に保存できますね。このタイプのアルバムにも、シールや可愛く切ったメモに思い出を書いて入れておくと、後で見直す時に便利です。

バインダー式アルバムを使う

文具売り場や写真コーナーでは、バインダー式のアルバムが販売されています。集合写真だけでなく、一緒にPCやスマホにある写真も気軽に見られるようにまとめたい場合にお薦めです。バインダー式のアルバム台紙には様々な種類がありますが、L判用の写真台紙が最初からセットされているアルバムが多いです、集合写真にはK判(13×18cm)台紙を購入すれば、1面に2枚を収納する事ができ、綺麗に整理することができますよ。子供にも一言書いてもらう等して周りを巻き込みながら、集合写真を楽しく整理していきましょう。

スクールフォトの撮影方法を理解するにあたり、大手の写真館のサービスの料金体系やスタッフの経歴を調べることが肝心です。