結婚式場で使うリングピローについて

リングピローとはどんな物か

結婚式を控えて、小物の準備をする中で結婚式場の人に言われて初めてリングピローという言葉を聞く人もいるでしょう。リングピローとは2人の結婚指輪を置く小さなクッションの事です。結婚式で2人が指輪の交換をする時に結婚指輪を置いて使うものです。一般的には結婚式に合うように白を基調としたシルクを使ったりパステルカラーな色が好まれています。形はクッションの物やボックス型や馬車や王冠の形などで、小さなぬいぐるみや花などを付けるなどアレンジも様々です。

リングピローの選び方

リングピローは自分で手作りする他に、お店やネット通販で買うこともできるので自分に合った選び方ができます。中には結婚式場で貸してもらえる所もあります。手作りが苦手という人は、出来上がってる物で自分が気に入った物を探して買うのが良いでしょう。手作りしたい人は手芸屋さんやネットなどに手作りキッドというものが売っているのでそれを買って作る事となります。手作りとなると意外と何時間が掛かるかと思いますが手作りが好きな人は苦にならないでしょう。

結婚式場で使うリングピロー

リングピローは余り出番がないので必要だと思わない人もいるかもしれませんが、大切な結婚指輪を置く物として意外と必要なのです。登場時間としてはほんの数分ですが、結婚式の見せ場の一つの指輪の交換の時に、指輪が置かれている物が素敵な物だと結婚式がより素敵に華やぐ事でしょう。なので意外と重要な小物なのです。リングピローに付いている長いリボンには意味があります。新郎新婦の愛の誓いという意味が込められているので、使うと素敵な思い出になります。

福岡の結婚式場は博多駅など駅周辺に多い他、自然を感じながら出来る式場や海を眺めながら挙げられる式場、プロジェクションマッピングを使える式場など様々あります。