一生に一度の結婚式、後悔はしたくないけれど

理想と現実(思い出と予算)

一次期は入籍だけというジミ婚が流行っていましたが、最近は結婚式や披露宴をする方が増えているように思います。その規模はともかく、やはり女性としては一生に一度の記念ですし、ドレスは着たいなど何らかの夢はありますよね。しかし、いざ結婚する、結婚式をしようと具体的に考え出すと発生してくるのが予算の問題です。たいていの方は、当然ある程度の予算があり、ケチケチしたくないものの、何でもかんでもという訳にはいかないのが、実際のところではないでしょうか。でも、これだけはというこだわりがあるのなら、それは妥協しない方がいいです。やり直しはできませんから。

あくまで自分達が主役です

結婚式をするとなると一番に決めなくてはいけないのは、もちろん結婚式場です。王道のホテルから専門の結婚式場やレストランなどいろいろ形式や場所はありますが、周りの意見にはこだわらず自分達がしたい場所でするのが一番ではないでしょうか。もちろん、あまりに交通の便が悪い場所などは考えものですが、ゲストはゲストですから、二人が満足のいく結婚式ができることが一番重要です。心配しなくてもゲストは気楽なもの、どこででも楽しめます。

ゲストの満足度はやはり食事

色々とやり方はある結婚式ですが、ゲストが「この結婚式はよかった」と判断するポイントはやはり食事ではないでしょうか。もちろん、それ以外にもお二人の出会いエピソード、ご両親への手紙朗読や花束贈呈などいいシーンもありますが、主役お二人との関わりの深さに関係なくゲスト全般でいうと食事がおいしい披露宴を悪くいう人は聞いたことがありません。ですから、ゲストに対してコストをかけるなら、食事にかけるのが一番効果的です。

福岡の結婚式場を利用するなら、マタニティウェディングをサポートするカノビアーノ福岡がおすすめです。人気のマタニティプランにおいては、最短30日の準備期間で挙式を挙げることができるメリットがあります。